編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

日本ユニシス、基幹サーバーのラインアップを一新

WebBCN (BCN)

2006-05-16 10:03

 日本ユニシス(籾井勝人社長)は、インテルの最新64ビットCPU「デュアルコア Xeon」「64 ビット インテルXeon MP」、「Itanium 2」を搭載したサーバー「Unisys Enterprise Server ES7000/one(ES7000/one)」の18機種を 発売した。

 「ES7000/one」は、「デュアルコア Xeon 7041」「デュアルコア インテルXeon 7020」「64ビット インテルXeon MP」「インテル Itanium 2」を最大32ソケット、メモリは最大512GBまで搭載できる。

 「パーティショニング機能」で最大8パーティションに分割可能なほか、パーティションごとにWindowsやLinuxのOSを並行稼働させ、システム構成の柔軟な 変更も行える。この機能を使うことで、サーバー統合や大規模データベースシ ステムなどの一元化、システム運用管理の効率化といった運用コスト削減も見 込める。

 独自のサーバー管理ソフト「サーバナビゲーションツール」と統合通報シス テム「IMSS」も標準搭載する。「サーバナビゲーションツール」は、ハードウ ェアプラットホームとOSの集中管理が可能。また、「IMSS」を使って、ディス クサブシステムやシステムを構成するIAサーバーなどを統合した通報システム も構築できる。税別価格は4CPU搭載の最小構成で450万円からとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]