DNP、顧客の環境を再現するICタグを用いた物流管理の実験施設を開設

WebBCN (BCN)

2006-05-22 09:37

 大日本印刷(DNP、北島義俊社長)は5月18日、東京都板橋区にICタグを用い た物流管理の実験施設「ICタグSCM(Supply Chain Management)ソリューショ ンテストセンター」を開設したと発表した。

 センター内に顧客企業の物流環境を再現し、各種ICタグの読み取り実験など を通じて、顧客に最適なICタグやリーダーの選定や環境設定を行うことが目的。 施設内には、主要な方式のコンベヤー、パレット、フォークリフトなどを設置 しており、実際の物流業務の主要な場面を再現できる。とくにコンベヤーは、 ICタグテスト施設としては国内最速クラスの180m/分まで対応でき、ICタグ読 み取り時の通過スピード、リーダーの角度、荷物へのICタグの貼付位置、荷物 の間隔の最適化など、さまざまな要素を検証することができる

 ICタグを用いた物流管理をめぐっては、国内電波法省令の改定でUHF帯ICタ グの利用が解禁されたのを機に、実業務への導入に向けた機運が高まりつつあ る。しかし、利用環境によってICタグの情報を正確に読み取れないなどの障害 が発生する場合もあり、運用現場に近い環境での実験を通じて、事前にICタグ の読み取り率などの検証を行うことが求められていた。

 DNPでは、04年から評価機器の導入を開始し、物流環境での評価方法の開発 に着手。実験を重ね、ICタグ導入に向けた現場環境のシミュレーションテスト の手法を確立したことから、同センターを開設することにした。

 今後は、同センターでの実験データをもとに選定したICタグとハードウェア の提供、設置、設定などを行い、顧客環境に適した物流管理システムの構築を 行う予定。実証実験で得られたノウハウは、顧客企業にも開示・提供する。同 社では、ICタグを用いた物流管理システムで初年度3億円、2010年度には20億 円の売上を見込む。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]