日本HP、ヨドバシカメラのRFID情報管理システムの開発/検証を完了

CNET Japan Staff 2006年05月23日 01時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は5月22日、ヨドバシカメラの無線ICタグ(RFID)情報管理システムの開発に向け、デュアルコアIntel Xeonプロセッサ7040を搭載した「HP ProLiant DL580 G3」上で複数のRFIDリーダーを制御した環境を実現。パフォーマンスおよび読み取り率の事前検証を完了したことを発表した。

 ヨドバシカメラでは、2005年秋に検品作業におけるRFIDの利用推進を表明し、大規模な商用RFIDシステムである「ICタグ情報管理システム」の運用を準備している。同システムは、RFIDを検品作業に活用するにあたり、RFIDリーダーから読み取られたタグ情報を発注管理システムに中継する。

 RFIDを利用することで、リーダーの付近を通過するだけで商品に添付されたICタグの情報を読み取ることができ、これまで手作業で行ってきた検品作業を大幅に効率化することが期待できる。さらにこのICタグ情報管理システムでは、タグ情報と仕入先の出荷情報との照合、および入荷情報の更新までを自動化することを目指している。

 今回実施されているシステム開発では、これまで稼動実績のない日本の共用化技術(LBT)対応のリーダー導入や、倉庫内の広い領域で大量のタグを同時に読み取るための複数のRFIDアンテナ、およびRFIDリーダーの同時制御に対応したミドルウェアの開発などが重点課題となっている。このようにシステム規模が大きいため、導入前の事前検証が必須要件だった。

 このため、事前に業務上想定されるデータ規模、データ送信タイミングを再現した環境下において、新たに開発されたICタグ情報管理システムのパフォーマンスと読み取り率を検証。パフォーマンスについては、商品の入荷に伴って複数のリーダーから送信された入荷実績データが、同システムにて処理され、購買/在庫管理システムにデータが送信される際の性能を検証した。また、読み取り率については、32基のアンテナと8台のRFIDリーダー(日本の共用化技術に対応)を設置した環境下でタグ情報の読み取り精度を測定した。

 検証作業は、ヨドバシカメラ新物流センターで行われ、1納入あたり500個の大量同時納品など、実際の業務に即したさまざまな納品パターンを想定して実施。その結果、業務に十分耐えうるパフォーマンスでスムーズに業務フローを実現できることが確認され、タグ情報の100%近い読み取り率も達成している。

 この結果を受けてヨドバシカメラでは、2006年5月中に同システムを稼動開始し、商品の受け入れを開始する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化