編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTT-AT、塾生徒の防犯対策にも活用できる入退管理システムを販売

目黒譲二

2006-05-24 10:19

 NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)は5月23日、QRコードとMicrosoft Excelで作成した名簿から入退管理システムを容易に構築できる「QRIDマネージャVer.1.5」を開発し、6月22日より販売を開始すると発表した。

 QRIDマネージャは、物品へ貼付したQRコードラベルをリーダで読み取るだけで、簡単に固定資産、備品等の物品管理ができるシステム。NTT-ATが開発し、2005年7月より販売されている。

 今回発売を開始するQRIDマネージャVer.1.5では、従来の機能にメール送信、画像表示機能が付加され、入退室管理システムへの対応が可能となった。Excelで作成した名簿と入館証に貼付したQRコードを照合して入退管理を行う簡易入退管理システムとして利用することができる。

 塾で使用する場合は、電子メール送信機能を使用することにより、生徒の入退の都度、保護者へ連絡メールを送信することができ、生徒の防犯対策に活用できる。

 また、読み取ったQRコードに該当するデータと画像を自動で名簿から検索してダイアログに表示できるため、本人確認を容易に行うことができる。また、ダイアログで編集した内容を、Excelに反映させることも可能。

 従来のシステムと同様、情報の管理などの基本操作はExcel上で行うため、特別な操作を覚える必要はなく、また、すでに作成済みのExcelファイルを使用できるので、名簿データベース構築等の初期導入コストを抑え、早期導入が可能となるとしている。

 システム構成は、QRコードリーダ、ノートPC(QRIDマネージャ、Excelのインストールが必要)、専用ラベルプリンタとなっている。ノートPCは別途用意する必要がある。

 価格は、設置型QRコードリーダセットが23万8000円、無線タイプQRコードリーダセットが24万8000円、有線タイプQRコードリーダセットが29万8000円となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]