編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

KDDI、沖電気や日立と無線LAN対応au端末「E02SA」を用いたVoIPシステムで提携

ニューズフロント

2006-05-25 18:17

 KDDIは5月25日、沖電気工業や日立製作所と、無線LAN対応の三洋電機製au端末「E02SA」を用いた無線IP社内電話システムに関して業務提携することで合意した。日立と沖電気が、それぞれのIP社内電話システムの端末としてE02SAを採用し、10月より販売を開始する。

 E02SAはauネットワークと無線LANの2つに対応した初の携帯電話機。無線LAN規格「IEEE802.11b/g」、無線LAN向けQoS規格「IEEE802.11e」に対応する。社内では無線LANによる内線電話、社外ではau携帯電話を使い分けられる。

 沖電気では、自社のIP電話サーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」や、無線LANアクセスポイント「MWINS BR2100」にE02SAを組み合わせて提供する。日立はIP電話システム「CommuniMax」で、E02SAとの無線接続をサポート。ホテル、工場などにE02SAを利用したデータベース検索や警報システムなどを導入していく。

 なおKDDIは4月にも、富士通とE02SAを用いたIP社内電話システムに関して提携。国内電機大手との協業による法人顧客の開拓を進めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]