編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

シマンテック、統合型セキュリティアプライアンスの新シリーズを発表

CNET Japan Staff

2006-05-26 01:50

 シマンテックは5月25日、多機能統合セキュリティアプライアンス製品「Symantec Gateway Security 1600シリーズ」を発表した。発売時期は2006年6月中旬になる予定。価格はオープンプライスとなる。

 同シリーズは、中規模企業や大企業の営業所や支社など、比較的小規模な拠点向けで、統合型脅威管理(Unified Threat Management:UTM)を実現するアプライアンス。Symantec Gateway Security v3.0ソフトウェアが組み込まれており、フルインスペクションファイアウォール、ウイルス対策、侵入防止、侵入検知、スパム対策、スパイウェア対策、クライアントレスSSLおよびIPSec VPNという8種類のセキュリティ機能を搭載する。

 これらのセキュリティ機能を1台のアプライアンスに統合しているため、導入と設置のコストを削減できることが特長。ポリシーの一元管理やイベント相関によって、ネットワーク内にあるすべてのSymantec Gateway Securityアプライアンスを一元的にコントロールできる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]