編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

BEA、Interface21と共同でSpring FrameworkのJava EE 5プログラミングモデルを実装

CNET Japan Staff

2006-05-26 02:04

 BEA Systemsは5月18日、Javaアプリケーションフレームワーク「Spring Framework」の専門サービスを提供するInterface21と共同で、仕様が承認されたばかりのJava EE 5(Java Enterprise Edition 5)に対するサポートを提供すると発表した。

 今回の発表は、BEAの「ブレンド」アプローチの一例。BEAでは、開発者がアプリケーションやWebサービスの開発、実装および運用のためのシームレスなプラットフォームを維持管理しながら、オープンソースソリューションと商用ソリューションを組み合わせることを可能にする。

 両社は、主要なJava EE 5コンポーネントであるリソースインジェクションやEJB 3(JSR-220)のインターセプションを含む、JavaEE 5 Common Annotations(JSR-250)の基盤として、Spring 2.0を使用するために共同作業を行った。

 また、この発表に伴い、両社はエンタープライズJavaのプログラミングを容易にする機能やツールを提供するオープンソースプロジェクトも公開している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]