編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

MSと日本ユニシス、内部統制情報を一元管理化する金融機関向け製品

ニューズフロント

2006-05-26 14:51

 マイクロソフトと日本ユニシスは5月26日、金融機関の内部統制情報を一元管理するための「統制系」アーキテクチャを発表した。

 統制系アーキテクチャは、マイクロソフトの業務プロセス文書化および文書管理、リスク評価、IT統制関連セキュリティ対策、アクセス管理などに関する製品と、日本ユニシスの金融業界におけるノウハウを組み合わせる。

 同アーキテクチャを利用すると、法令順守(コンプライアンス)や企業統治(コーポレートガバナンス)で要求されるさまざまな対応を一元管理できる。その結果、情報収集および作成作業の重複を避け、それぞれの情報を「金融検査評定制度対応」「新BISオペレーショナルリスク対応」「日本版SOX法対応」など多面的に活用可能となる。改訂が必要になる基本方針、事務手続き集(規程集)についても、随時アップデートできる設計とした。

 構築するシステムは、データベース管理ソフト「Microsoft SQL Server 2005」をベースとする。業務フロー図作成には、グラフィックスソフト「Microsoft Office Visio 2003」を用い、リスクコントロールマトリックスや業務記述書に使用する「Microsoft Excel」「Microsoft Word」と連携した修正タスクの自動変更を実現する。

 今後、両社は、金融機関向けの統制系各種製品の提供を推進していく。統制系のなかでも、日本版SOX法対応で注目されている文書化ソリューションについては、金融機関以外にも広く提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    Microsoft 365の「データ」は本当に安全?SaaSユーザーのためのデータ保護アプローチ

  2. セキュリティ

    マルチクラウドの本格活用から量子コンピューティングへ、その時鍵を握るデータ保護の仕組みとは?

  3. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  4. ビジネスアプリケーション

    中小企業のためのAI活用--予算も人材も不足していた4社の脱Excelそして入AI実現例

  5. 運用管理

    業務改革の推進者が最初につまずく「現場業務ヒアリング」、通信・製造業、自治体の事例に見る回避策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]