編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

MS、Windows Vista用バグチェックツールの第2ベータ版をリリース

文:Joris Evers(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-05-29 10:54

 シアトル発--Microsoftは、ハードウェアメーカーが安定性および安全性がより高いWindows向けドライバを開発し、マシンがクラッシュする可能性を減らしていく2種類のツールを提供しようと準備している。

 「PREfast for Drivers」および「Static Driver Verifier」と呼ばれるこれらのツールは、ドライバのソースコードに存在する一般的なエラーを検索し、修復を施せるようにするためのソースコード分析ツールだ。現地で先週開催されていた「Windows Hardware Engineering Conference(WinHEC)」で、「Windows Vista」および次期Windows Server(Longhorn)の新たなトライアル版とともに、第2ベータ版がリリースされた。

 Microsoftで「Static Driver Verifier」に取り組む開発者のJon Hagen氏は、WinHECにおけるインタビューで、「ドライバの信頼性と堅牢性が向上することを期待している。カーネルドライバを記述するのは複雑であるため、こうしたツールが求められていた。これでマシンがクラッシュする回数も減ると考えている」と語った。

 Windowsのドライバソフトウェアは、PCに内蔵されているか、接続されているハードウェアを動作させるためのものだ。このドライバにバグがあると、多くの問題が発生する。特に、ネットワークインターフェースカード(NIC)やハードディスクドライブなどのハードウェアを動かす、カーネルモードドライバに存在する欠陥は「ブルースクリーン」につながる致命的なクラッシュを引き起こすおそれがある。

 カーネルモードドライバは、Windows内の低い階層で稼働している。一方のユーザーモードドライバは、プリンタやグラフィック、USBデバイスといったハードウェアを動作させるものだ。Microsoftによると、こうしたドライバがクラッシュしても、普通はマシンを再起動しなくても復旧できるという。ドライバは、Microsoftだけでなく、WinHECに参加したハードウェアメーカーによっても開発されている。

 「ユーザー領域で何かまずいことをすると、その代償は非常に大きくなる。カーネルモードドライバには高い特権が付与されており、(OSの)低層へ任意にアクセスできる。(カーネルモードドライバに実装される)『rootkit』などが危険視されるのは、こうした理由からである」と、MicrosoftでPREfast for Drivers開発を担当しているDonn Terry氏は述べた。

 Terry氏はさらに、ドライバのコードを同分析ツールで精査すれば、多様な脆弱性を排除し、ユーザーの悩みの種となり得る問題を解消できると説明している。「たちの悪いバグがなくなるということは、セキュリティホールも攻撃ベクターも、信頼性の欠如も存在しない状態であるということだ。いずれにしろ、ドライバの質はさまざまな角度から見て向上すると思われるが、どのツールも万能であるというわけではない」(Terry氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. セキュリティ

    脱「PPAP」に活用できる Microsoft 365 の機能をまとめて紹介

  3. コミュニケーション

    マンガで解説、失敗するグループウェア導入の3つの理由とは?導入効果を高める「使いたくなる工夫」

  4. 経営

    いまさら聞けないクラウドインフラの基本ー初級技術書の定番 IaaS for dummies公開中

  5. コミュニケーション

    機能とコストを徹底比較、ニューノーマル時代の企業を支える最新グループウェア5製品の違いとは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]