編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

フォード・モーター、Dassault Systemes の「CATIA V5」活用で製品開発効率を向上

CNET Japan Staff

2006-05-30 20:02

 IBMとDassault Systemesは5月17日、Dassault Systemes の「CATIA V5」がFord Motor Companyのフォード・フュージョン・プログラムで活用されていることを発表した。CATIA V5は、フォード・フュージョンのボディ・イン・ホワイトの開発に使用され、Ford Motor Companyのデジタル開発期間の短縮に貢献している。

 CATIA V5は、すでに2003年よりフォードに導入されており、フォード・フュージョン、マーキュリー・ミラノ、およびリンカーン・ゼファーの車両プログラムでボディ・イン・ホワイト開発に使用された。

 Ford Motor Companyでは、CATIA V5を活用することで、ボディ・イン・ホワイトの幾何学モデリングに対するトップダウンのアプローチを採用できるようになった。

 同社では、結合設計プロセスのコンテキストにCATIA V5を導入した結果、幾何学モデリングの時間を大幅に短縮。一方、製品開発プロセスの初期段階における設計の精度および完全性も向上している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]