編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本IBM、仮想化技術を用いるシンクライアントシステム製品を発売

ニューズフロント

2006-05-31 14:57

 日本IBMは5月31日、仮想化技術を用いるシンクライアントシステム製品の提供を6月1日に開始すると発表した。

 この製品は、日本IBMのブレードサーバ「BladeCenter」、米ClearCube Technologyのシンクライアント「I/Port」と、クライアントからのトランザクションをサーバに分配するI/Port用ソフト「Grid Center」、ヴイエムウェアの仮想化インフラソフトで構成する。

 仮想化技術を使うことで、1台のサーバで複数のクライアントを管理するターミナルセッション型のシンクライアントシステムにおいても、サーバを仮想的に分割し、アプリケーションを変更せず1台のBladeCenterで8台から14台のクライアントに対応できる。

 また、BladeCenterを採用しているため、クライアント数が増えても柔軟に対応するという。システムを停止することなくパッチ適用などの保守作業も実施できる。日本IBMでは、「シンクライアントは、データを保存するハードディスクが内蔵されていないため、PCによる情報漏えいを防ぐことが可能。業務に必要なソフトをサーバ側で一括管理するため、システム運用の効率化の観点でも注目されている」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]