編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

トリップワイヤ、変更コントロールソリューションの新製品「Tripwire Enterprise 5.5 日本語版」を発表

CNET Japan Staff

2006-05-31 18:13

 トリップワイヤ・ジャパンは5月31日、システムの整合性を保証し、可用性向上、セキュリティ強化、およびコンプライアンスの証明をエンタープライズレベルで実現する、変更コントロールソフトウェアの新製品「Tripwire Enterprise 5.5 日本語版」を発表した。

 Tripwire Enterpriseは、ITインフラに加えられた変更を検知して一元管理する製品。サーバやネットワーク機器上の変更を一元管理するためのコントロールエンジン「Tripwire Enterprise/Server 5.5 日本語版」、サーバのファイルシステムに加えられる変更を検知する「Tripwire Enterprise/FS 5.5 日本語版」、およびネットワーク機器をエージェントレスで監視する「Tripwire Enterprise/ND 5.5 日本語版」の3つのコンポーネントから構成されている。

 検知した変更が計画/承認された変更であるかどうかを評価し、変更レポートを作成することができる。

 価格は、Enterprise/Server 5.5が185万円、Enterprise/FS 5.5が19万8000円、Enterprise/ND 5.5が5万7600円。2006年7月3日より受注を開始し、8月21日に出荷を開始する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]