編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:MAツールのいま
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、MEDCにて組み込みOSのロードマップを明らかに - (page 2)

藤本京子(編集部)

2006-05-31 20:39

 製品サイクルを変更した理由についてHall氏は、「バージョンアップのたびに開発者はドライバやツールを変更する必要があった。機能パックにすれば、ツールなどを変更せずに新機能が使える」と説明する。

 Windows CEの機能パックとしては、4月4日に「Windows CE 5.0 Networked Media Device Feature Pack」が発表されている。これは、ネットワークメディアデバイスやIP活用型のセットトップボックスを開発するデバイスメーカーに向けたもので、PCの音楽や画像、動画などを、ホームネットワークを介してテレビに配信するといった機能が容易に実装できる。

Mike Hall氏 「こんなに薄いWindows端末もある」とMike Hall氏。腕時計もWindowsベースのものだ。

 また、Windows CEの次期バージョン6.0は、現在ベータ版がすでに公開されており、2006年中には正式バージョンが発表される予定だ。その次のバージョンアップは、18カ月から24カ月後となる。

 Windows XP Embeddedは、デスクトップ版の「Windows Vista」がリリースされた後に「Windows Vista with Embedded Restrictions」として生まれ変わる。ただし、このバージョンはXP Embeddedのように各機能が細かくコンポーネント化されたものではなく、Vistaのフル機能を組み込み製品向けに改良したものだ。コンポーネント化された組み込み用Vistaは、2007年中にリリースされる予定だ。

 POS端末向けのWEPOSは、3月に新バージョンの1.1が発表されたばかり。次のバージョンアップは2007年になる。

 Microsoftはさらに、5月上旬に米国ラスベガスにて開催されたMEDCにて、「.NET Micro Framework」を正式に発表している。これは、Windows CEよりもさらに小さな300Kバイトという最小のコンポーネントで、これまで主にSuuntoなどの時計メーカー向けに提供していた。正式版の発表と同時に、米Digi Internationalがこのフレームワークをベースにしたレファレンスボードを開発することも表明している。

 このように幅広い分野に適したOSを提供することで、「Windowsベースの製品の範囲がさらに広がることになる。今後も組み込み用プラットフォームへの投資を積極的に続ける」とFreed氏は述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. セキュリティ

    Zero Trust Workbook--ゼロ トラストの先にある世界を知るためのガイダンス

  4. セキュリティ

    「ゼロトラスト」時代のネットワークセキュリティの思わぬ落とし穴に注意せよ

  5. クラウドコンピューティング

    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには?戦略的な意思決定とイノベーションを両立へ

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]