編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Python 2.5、正式版リリースに一歩近づく

文:Candace Lombardi(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-05-31 19:00

 オープンソースのオブジェクト指向プログラム言語「Python 2.5」が2006年8月の正式リリースに向けて一歩前進した。これは「Need for Speed」というタイトルで展開されたプログラミングコンテストの成功のおかげだ。

 同コンテストは米国時間5月21日から28日にアイスランドのレイキャビクで開催された「Pythonプログラム言語会議」の中心的な位置付けとされたイベントだったと、同会議主催者のSteve Holden氏は語る。

 会議の中で、Python開発者コミュニティの選ばれたメンバーがプログラミングコンテストに参加し、共同でプログラミングを行った。

 Need for Speedに参加したPsynchronousの従業員であるJack Diedrich氏は「目的は単にPython言語を速くすること」と語る。PsynchronousはPythonを分析プラットフォームとして使っている。コンテストの結果さまざまな点が改良され、中にはPythonの実行速度の改善につながる改良も多数あった。

 同会議は、個人経営の証券取引会社EWT LLC(本社:カリフォルニア州)と「EVE」というオンラインマルチプレイヤーゲームで知られるアイスランドのゲーム開発企業CCP Gamesの後援で開催された。両社は「Python Software Foundation」のメンバーで、ビジネスでもPythonに依存しており、コンテストで実現された改良の恩恵を直接受ける。

 Python 2.5はアルファ版として既に公開されている。ベータ版のリリースは6月14日に予定されている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]