編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

メインソフト、「WebSphere Portal」上で.NETアプリケーションを利用可能に

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-06-02 10:55

 Mainsoftは米国時間5月31日、IBMの「WebSphere Portal」サーバ上で、.NETアプリケーションとJavaアプリケーションを連係させるソフトウェアをリリースした。

 Microsoftの.NETツールで作成されたアプリケーションとJavaプログラムは異なるプログラミング言語で記述されているため、これまで密接に連係できなかったと、Mainsoftの幹部は述べている。同社の「Visual MainWin for J2EE, Portal Edition」は、開発者が既存のMicrosoft ASP.NET Webアプリケーションを抽出し、IBMのWebSphere Portal上で稼働できるようリコンパイルすることを可能にする製品だ。

 MainsoftのマーケティングディレクターJenna Dobkin氏は、1台のサーバでJavaと.NETプログラムを併用できれば、エンドユーザーにすぐれたパフォーマンスを提供できるようになり、IBMもこれを支持していると説明した。またDobkin氏によれば、MainsoftのツールはNovellのオープンソース「Mono」ソフトウェアを利用して、.NETアプリケーションとJavaポータルの互換性を実現しているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]