編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クラリアント、ステレントの「Universal Content Management」を採用

CNET Japan Staff

2006-06-07 08:54

 Stellentは6月1日、特殊薬品のClariantが同社の「myDMSプラットフォーム」の基盤となるエンタープライズコンテンツ製品として「Stellent Universal Content Management」を導入したことを発表した。

 Clariantは、オープン標準をベースにした包括的な機能性とサービス指向のアーキテクチャを備えていることを評価し、同製品の採用を決定。地域別または部門別のソリューションを統合し、コンテンツの効率的な管理、厳しいコンプライアンス規制、標準への準拠、およびコスト削減の実現を目指す。

 同社がStellent Universal Content Managemenの導入を決定したのは、myDMSプラットフォームの基盤として、迅速かつ効率良く導入でき、全ての従業員が多くのトレーニングを受けることなく使用できるコンテンツ管理ソリューションであったことが最大の理由。これにより、全ての従業員が標準デスクトップツールにより、情報を構築、維持し、複数の事業区分別アプリケーションでコンテンツ/ドキュメントを再利用できるようになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]