編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

SAPジャパン、業務パフォーマンス調査サービスを無償提供

ニューズフロント

2006-06-09 16:52

 SAPジャパンは6月9日、業務パフォーマンスを調査し、業務改善などを提案する無償サービス「SAPベンチマーキング・プログラム」を提供開始すると発表した。

 同サービスは、顧客企業とSAP製品の導入を検討している企業に提供する。当初、人事、会計、財務、調達という業務分野の業務パフォーマンスを計測し、業界内外の優れた企業と比べる。分析結果は、個別レポートとしてまとめ、改革すべき領域を明確化したうえで、対象企業に適したシステムや業務手法の導入を体系的に提案する。対象業務分野は、今後拡大する予定。SAPジャパンでは、「ITプロジェクトの前後を含め継続的に当プログラムを活用することにより、自社プロジェクトの効果測定も可能」としている。

 SAPベンチマーキング・プログラムは、米国で2004年から実施しており、これまで約400社の利用実績がある。国内では、2006年3月に試験運用を開始し、約30社が参加した。SAPジャパンでは、2006年中に60社から100社へのレポート提供を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]