編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HP、他社製SANストレージも仮想化可能なコントローラ「SVS200」

ニューズフロント

2006-06-13 16:50

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は6月13日、SANストレージ向け仮想化装置「HP StorageWorks Storage Virtualization System(SVS)200」の販売を開始した。税込み価格は2100万円からとする。7月上旬に出荷を始める。

 SVS200は、他社製品を含む異機種混在SAN環境において、複数のディスクアレイを1つの仮想化ストレージプールとして扱うための仮想化ストレージコントローラ。複数のディスクアレイ機器にまたがる仮想ストレージボリュームを構成できる。ミッドレンジのディスクアレイ製品と組み合わせてシステムを構築することで、ハイエンドストレージの機能を備えながら、大幅なコスト削減が可能になるという。

 他社製品も含め、仮想化したディスクアレイのボリューム管理を一元化できる。また、ハイエンドディスクアレイ製品系列「HP StorageWorks XPファミリ」の持つパーティショニング、仮想ボリューム間の遠隔データコピーといった高度なストレージ機能も、SVS200で利用可能である。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]