編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

富士フイルム、産業用インクジェット事業強化で米ディマティックス社を買収

WebBCN (BCN)

2006-06-14 08:53

 富士写真フイルム(古森重隆社長)は6月13日、産業用インクジェットプリ ンター用ヘッドメーカーの米ディマティックス(カリフォルニア州)を買収し たと発表した。買収の手続き完了は7月を見込みで、ディマティックス社は富 士フイルムの100%子会社となる。

 富士フイルムではグループが持つ高度なインク技術とディマティックス社の 最先端のヘッド技術を融合。高品質の画像出力やさまざまな新素材への画像出 力などに活用し、産業用インクジェットビジネス市場での事業拡大を図る狙い。

 富士フイルムは、04年からスタートした中期経営計画「VISION75」でM&A(企業の合併・買収)による事業拡大を掲げており、05年2月に産業用インク ジェットプリンター用UVインクでトップシェアの英セリコール社、06年2月に はインクジェットプリンター用インク染料のトップメーカー英アビシア社を買 収した。今回のディマティックス社買収もその一環となる。

 ディマティックス社は1984年設立。従業員は06年5月末で300名、2005年12月 期の売上高は約90億円。大型ポスターやラベル・パッケージなどの印刷用途で 利用される、産業用インクジェットプリンター用ヘッドの研究開発や製造、販 売を展開している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]