編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

CTCSP、米社製データレプリケーション製品「WANSync」を販売開始

CNET Japan Staff

2006-06-14 09:26

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)のグループ会社、シーティーシー・エスピー(CTCSP)は6月13日、米国のソフトウェアベンダーであるXOSoftと代理店契約を締結し、同社のデータレプリケーション製品「WANSync」および「WANSync HA(クラスタ構成)」の販売を6月15日より開始することを発表した。

 WANSyncおよびWANSync HAは、Solaris対応でホストベースのレプリケーションソフトウェア。レプリケーションされたバックアップデータを任意の時点まで遡ることができる「Rewind技術」を実装し、データベースファイルを任意のチェックポイントまで戻すことが可能になる。

 価格は、Solaris対応のWANsync for Solarisで90万円から。初年度売上1億円を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]