編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

リコー、デジタル複合機の操作ログなどを収集管理する情報漏洩防止システム

吉澤亨史

2006-06-20 19:42

 リコーは6月20日、デジタル複合機(MFP)でコピー・ファクス・プリント・スキャンした文書の画像データや操作ログをすべて収集・管理できる画像ログ収集・管理システム「Ridoc Document System 画像ログオプション」を開発、6月22日より発売すると発表した。

 この製品は、画像ログ収集サーバと画像ログ管理サーバで構成されるセキュリティシステムで、リコーの文書管理システム「Ridoc Document Server/EP」や文書配信システム「Ridoc Document Router/Pro」と連携して利用する。MFPの操作と使用した文書の画像をログとして管理することで、万一情報が漏洩した場合でも、漏洩元を特定できる。

 システムの標準価格は「Ridoc Document System 画像ログオプション管理サーバ」が29万8000円、「Ridoc Document System 画像ログオプション収集サーバ」が8万8000円。リコーでは年間1000本の販売を見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]