編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HP、「Symantec ESM」を使うIT環境セキュリティ監査サービス

ニューズフロント

2006-06-23 19:09

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は6月23日、企業向けIT環境セキュリティ監査サービス「HPセキュリティ監査スタートアップ・サービス」の提供を開始した。同サービスでは、シマンテックの監査ツール「Symantec Enterprise Security Manager(Symantec ESM)」を利用する。税込み価格は157万5000円からとなる。

 Symantec ESMは、サーバに対するOS用パッチの適用状況、ネットワーク設定の妥当性、サービスやアプリケーションの起動状況、パスワードの妥当性などを、ポリシーにもとづいて管理するツール。利用するには、ユーザーのセキュリティポリシーに合わせてテンプレートを設定する必要がある。日本HPは、「同サービス専用の基本テンプレートを用意し、最小限の投資でシステム脆弱性監査に着手できるようにした」としている。

 同サービスでは、日本HPの担当者がユーザーのIT環境にSymantec ESMを導入/設定し、システム脆弱性監査を実施して監査レポートを提供する。「セキュリティ監査の一部であるシステム脆弱性監査用の基礎的な環境を構築することで、初期診断を行うサービスを手ごろな価格で提供する」(日本HP)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]