編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フューチャー、協業で「病院経営情報管理システム」を構築--BSCに基づいて経営を管理

CNET Japan Staff

2006-06-23 23:09

 フューチャーシステムコンサルティングは6月23日、ヘルスケアシステムズと協業し、病院の経営と医療の質的な向上を支援する「病院経営情報管理システム」を構築したことを発表した。主に中小医療機関への展開を目指す。

 病院経営情報管理システムは、ヘルスケアシステムズのノウハウをフューチャーの技術を組み合わせ、中小規模医療機関の経営管理と医療の質的な向上および業務効率化を目的に開発された。

 BSC(バランスト・スコアカード)の考え方に基づく5つの独自視点(財務、患者満足、医療の質、教育研修、組織管理)を取り入れた「経営管理システム」、病院の質的な向上をサポートする「チーム医療支援システム」、院内情報共有を促進するための「ナレッジ共有システム」などから構成されている。患者の満足度や医療の質、病院・職員の質などを総合的に把握できることが特徴だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]