ネクストコム、電波を発信する無線ICタグで児童を守るセキュリティシステム

WebBCN (BCN) 2006年06月28日 10時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネクストコム(山本茂社長)は6月26日、無線ICタグを使い、小学校をはじ めとする、児童の登下校時の安全を確保するセキュリティシステムを発売した と発表した。学校や自治体などを対象に販売する。価格は導入するシステム構 成や利用方法によって個別に見積もる。

 ネクストコムのシステムでは自ら電波を発信する「アクティブ型」と呼ばれ る無線ICタグを使用する。校門などにICタグのリーダーを設置し、児童が持つ タグの通過を検知すると、その登下校情報を保護者にメールで通知したり、保 護者や教職員が専用のWebで児童の所在位置や通学路内のポイントを通過した 時刻などを確認できる仕組み。

 無線ICタグは数十mの距離で自律発信するため、ランドセルに入れたままで もリーダーで確認できる。7秒間に約500個のタグを同時に読み取れるため、複 数の児童を認識することが可能。また、電池寿命が1年の省電力設計を採用し た。

 児童に加え、教職員、学校関係者もタグを持ち、赤外線センサーなどとシス テムを組み合わせることで、タグを持っていない不審者を検知したり、Webカ メラと組み合わせ、タグからの電波を受信したタイミングで撮影やカメラ切り 替えや児童のいる周辺の映像と位置情報を自動的に保護者に知らせるといった 使い方もできる。

 第1弾として、埼玉県蕨市にある蕨市立中央小学校と蕨市立中央東小学校で の導入が決定している。今回、システムの販売と構築で、蕨ケーブルビジョン (WINK、池田政吉社長)と協業した。

 学区内にある約30か所のWINKが持つ電柱の近くに設置されているCATVモデム などを収容する「クロージャーボックス」と呼ばれる箱の中にリーダーを設 置。学区内全域をカバーできるようにした。無線ICタグは2校合わせて100名の 児童に配布する。7月から運用テストを開始し、10月から正式運用を開始する。

 ネクストコムでは蕨市のほかの小学校などでのシステム利用も開拓する狙い で、その実績をもとに全国にも販売を拡大していく計画。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化