フォトレポート:コンセプトカーからロボット開発支援まで--日本SGIのSiliconLIVE!にて - 6/7

藤本京子(編集部)

2006-06-28 19:18

日本SGIは6月28日、東京都内にて「SiliconLIVE! フォーラム 2006」を開催した。SGIは同日、バーチャルコンセプトカー「Astronomia」を発表しており、展示会場にはAstronomiaはもちろん、同社の技術を使ったさまざまなソリューションが展示されていた。ここではフォトレポートとして、展示会場で見つけたソリューションの一部を紹介する。
以下は、コンセプトカーのAstronomia。SGIは、デジタルスケープとプロダクトデザインの受託およびコンサルタント派遣サービスにおいて提携しており、このコンセプトカーを「プロダクトデザインの領域にも踏み込んだことを示す、SGIの進化の象徴」としている。
名刺サイズのモニタリング用マイクロエンコードサーバ「SGI ViewRanger」を内蔵した盗撮検知システム。銀行のATMなどでの利用を想定している。盗撮機から発せられるセンサーを検知し、監視センターに通知するのみならず、盗撮映像の録画も可能で、盗撮機の場所特定ができる。

名刺サイズのモニタリング用マイクロエンコードサーバ「SGI ViewRanger」を内蔵した盗撮検知システム。銀行のATMなどでの利用を想定している。盗撮機から発せられるセンサーを検知し、監視センターに通知するのみならず、盗撮映像の録画も可能で、盗撮機の場所特定ができる。

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]