古くて新しい「仮想化」という考え方

栗原潔(テックバイザージェイピー) 2006年06月28日 19時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想化(バーチャリゼーション、バーチャライゼーション)や「仮想xxx」(仮想メモリ、仮想ディスクなど)という表現は古くから情報システムの世界で広く使われている。仮想化とは「物理的な実体を隠して、論理的(仮想的)な実体を利用者側に見せるようにする」ことで何らかのメリットを得るためのテクノロジーである。

 たとえば、仮想メモリとは、物理的なメモリサイズよりはるかに大きい論理メモリ空間をプログラムが使用できるようにするテクノロジである。実際には、システムはディスク上のスワップファイルと物理メモリの間で適宜データを移動することで、仮想的な巨大メモリ空間を作り出しているわけだが、この内部的仕組みは一般プログラマーには見えない。仮想メモリによりプログラムの開発がきわめて容易になるというメリットが生まれた(今では信じられないかもしれないが、過去においては、プログラマーがマシンのメモリサイズを意識してプログラミングを行わなければならない時代もあったのである)。

 仮想化は情報システムのあらゆる分野で活用される概念だが、今日、特に注目を集めているのはサーバの仮想化である。単に仮想化と言った時にはサーバの仮想化を指すことが多い。通常は一台の物理的なサーバを分割することを指す。仮想マシン(VM)と呼ばれることもある。アプリケーションの立場から見るとあたかも1台のサーバ上に複数の仮想的なサーバマシンが作られているように見えるからである。

 このサーバ仮想化によりどのようなメリットが得られるのだろうか?

 そもそも、1台の大型サーバを仮想化して分割して使うよりも、小型サーバを複数台買った方が安上がりなのではないだろうか?

 その答は、サーバ仮想化が運用管理の負荷削減に貢献するという点にある。一般企業の情報システムでは、ハードやソフトなどの「物のコスト」と比較して、運用管理に要する「人のコスト」の方が高いことが通常だ。すなわち、人手による運用管理負荷を削減する試みを行わない限り、情報システムのコストを下げることは難しいということだ。そして、サーバ仮想化は運用管理コストの削減に大きく貢献できるのだ。

 企業コンピューティングの世界では、可能な限りサーバの台数を減らしたいという要請がある。100台のサーバを管理するということは100個の管理対象があるということだ。KVM(ディスプレイ切り替え器)を駆使したとしてもシステムの監視だけでも大変だろう。ソフトウェアのバージョンアップも100回行わなければならない。バックアップの負荷も大きい。

 数多くのアプリケーションを少数の大型サーバで集中稼働することによる運用管理上のメリットは大きい。これが、サーバ統合という考え方だ。しかし、サーバ統合の実現には多くの課題がある。たとえば、アプリケーションごとに必要とされるOSが異なったり、前提バージョンが異なったりする場合には、1台のサーバ上のひとつのOSの下で複数アプリケーションを稼働することはできない。結局、OSやバージョンごとにサーバを設置する必要が生じ、サーバ統合にも限界が生じることになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 真に基幹系システムを動かすクラウドの条件とは?

    今、企業においてクラウドは、あたりまえの選択肢となっている。しかし根幹を支える基幹系システムでは、クラウド化を検討しても諦めている企業が多い。その理由は?そして解決策は?

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化