編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ブロードコム、RFID技術を実装したセキュアプロセッサを発表

CNET Japan Staff

2006-06-30 02:30

 Broadcomは6月27日、同社の戦略であるTrusted Authentication Initiativeの一環として、RFID技術を統合したセキュアプロセッサ「BCM5890」を発表した。

 BCM5890は、物理アクセス、PCやネットワークへの論理アクセス、および非接触型決済アプリケーションに使用される個人認証処理のセキュリティを確保するよう設計されており、ソフトウェアを保護するセキュアモード、データの改ざんや盗難を防ぐプロセッサ内で動作するセキュリティキーを備えている。

 プロセッサはFIPS Level 3に準拠し、セキュアおよび非セキュアのアプリケーションをどちらも動作できるARMベースだ。内部に組み込まれている非接触型RFIDタグ機能は、13.56MHz(ISO14443およびISO15693)または125KHz周波数を使用するシステムで利用できる。

 またBroadcomは同日、セキュアな信用証明情報およびアプリケーションをBCM5890に迅速に移植できる開発環境「Integrity Platform」を発表した。この開発プラットフォームは、「PKCS11(Public-Key Cryptography Standard)」などのツール群や標準準拠のAPIから構成されている。

 現在、すでにサンプル出荷中。1万個ロット時の量産単価は15ドル。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]