編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

フォトレポート:複合イベントで見つけた「あんなモノ、こんなモノ」 - 11/20

田中好伸(編集部)

2006-06-30 21:02

東京ビッグサイトで情報セキュリティEXPO、データストレージEXPO、RFIDソリューションEXPO、データウェアハウス&CRM EXPO、組込みシステム開発技術展、ソフトウェア開発環境展の複合イベントが6月28日から30日まで開催された。ここでは、情報セキュリティ、データストレージ、RFIDソリューションの各イベントで見つけた注目製品を独断と偏見で紹介する。
指紋認証装置が付いたマウスは今となってはそれほど珍しくないが、この製品は韓国のDigentが開発しているもの。今回の情報セキュリティEXPOでは、韓国企業のほかに中国企業も出展していた。
米国のPACKETEERが開発する帯域制御装置「PacketShaper」。このハードウェアは、トラフィックを通過するアプリケーションレベルで分類し、あらかじめ帯域や優先順位をつけておくことで、重要なアプリケーションのデータの流れを遅延させないようにすることができる。こうした製品が注目を集めるのは、本社と支店との間で、帯域を制御する必要があるからだ。帯域を制御しないと、勘定系などの重要データの遅延や破棄を引き起こす可能性があるためだ。

米国のPACKETEERが開発する帯域制御装置「PacketShaper」。このハードウェアは、トラフィックを通過するアプリケーションレベルで分類し、あらかじめ帯域や優先順位をつけておくことで、重要なアプリケーションのデータの流れを遅延させないようにすることができる。こうした製品が注目を集めるのは、本社と支店との間で、帯域を制御する必要があるからだ。帯域を制御しないと、勘定系などの重要データの遅延や破棄を引き起こす可能性があるためだ。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]