編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

IIJ、不正アクセスを防ぐセキュリティサービス「IIJマネージドIPSサービス」

ニューズフロント

2006-07-03 19:24

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は7月3日、侵入防止システム(IPS)機能を備えるセキュリティサービス「IIJマネージドIPSサービス」の提供を開始した。参考価格は月額35万円から。

 IIJマネージドIPSサービスは、米Internet Security Systems(ISS)製IPS機器のレンタル、24時間365日体制の機器監視および保守、導入前コンサルティング、レポートといったサービスを組み合わせて提供する。ユーザーの社内に設置したIPS機器でネットワーク上の通信を常時監視し、攻撃を検知してリアルタイムに遮断することで、サーバやネットワークを守る。

 IIJのセキュリティエンジニアが、サービス導入前の設定とその後の監視を行うため、「顧客は余分なコストや手間をかけることなく、手軽に不正アクセスの侵入防御を実現できる」(IIJ)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]