編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NSS、プロジェクト管理システム「HawkEye」を発表--ウェブブラウザから利用

CNET Japan Staff

2006-07-06 20:36

 ソフト開発のエヌ・エス・エス(NSS)は7月6日、 ウェブブラウザから利用できるプロジェクト管理システム「HawkEye」を発表した。

 HawkEyeは、プロジェクトメンバー専用のウェブポータルで、メンバーの役割に応じたプロジェクトの情報や、複数のプロジェクトの進捗情報をレポートする製品。簡易なタイムシート入力機能を提供する。マイクロソフトのExcelやProjectなどとの併用も容易という。

 NSSのオフショア開発における業務提携先であるインド企業のSutra Systems Indiaが開発した。NSSが独占的な販売代理店として日本国内での販売・サポートを手がける。

 サーバライセンスは200万円、ユーザーライセンスは20ユーザーまでが1ユーザー当たり3万円、50ユーザーまでが2万円、51ユーザー以上で1万5000円となっている。

 12月末までの受注分は、サーバライセンス、20ユーザーライセンス、導入トレーニングを含むスタートパックをキャンペーン価格の310万円で販売する。

 8月1日から出荷を開始する。初年度80サーバライセンス、売上高2億円を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]