編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

CTC、Javaアプリケーション監視ツール「Wily Introscope」を販売開始

CNET Japan Staff

2006-07-11 11:40

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)は7月10日、米Wily Technology Company製のJavaアプリケーション監視ツール「Wily Introscope」シリーズの販売を同日より開始すると発表した。

 Wily Introscopeは、大規模システムにおけるJavaアプリケーションの稼動状況やパフォーマンスを監視するソフトウェア。Wilyが独自開発したBytecode Instrumentation(BCI)技術により、Javaアプリケーションに負荷をかけずに性能情報を抽出できることが特徴だ。

 このため、開発段階での検証だけでなく、稼働中のシステムに搭載されているJavaアプリケーションの監視も可能。履歴データを格納するデータベースが独自に用意されているため、低価格で導入できるという。

 CTCでは、2006年度中に10社への販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]