BIの本質とは……?

星野泰啓

2006-07-12 16:56

BIの考え方

 「必要な人が必要なデータへアクセスし、そこから価値ある情報/知識を導き出し、適切な意思決定に役立てること」。

 ビジネス・インテリジェンス(BI)を大きく捉えると、上ように定義することができる。その考え方(本質)と実現のための情報システムが、ビジネスインテリジェンスの中に含まれている。対象となるデータはさまざまで、業種や業務を問わない。販売データの場合もあれば、顧客データであったり財務/会計データ、物流データ、人事データであったりと、広範囲にわたる。

 これでは具体的にイメージできない人もいるかもしれない。では、ある小売店における販売実績に関するデータを例に挙げてみよう。

■表1:販売実績データ
番号商品店舗名販売数量性別……
1商品A名古屋店3……
2商品B東京店4……
3商品C大阪店5……
4商品B名古屋店7……
5商品B大阪店6……
6商品A名古屋店8……
7商品C東京店50……
8商品A名古屋店4……
9商品B大阪店1……
10商品C東京店10……
11商品C大阪店1……
12商品A東京店1……

 表1は、ある商品が、どこで、いくつ、どのような人に売れたか、という販売実績データのリストだ。ここから価値ある情報を導き出すとは、一体どのようなことなのだろう。まず商品や店舗を切り口(分析軸)として、販売数量(分析対象の数値)を集計してみることが考えられる。

■表2:商品別の販売数量集計
商品合計
商品A16
商品B18
商品C66
総計100

■表3:店舗別の販売数量集計
店舗別合計
東京店65
大阪店13
名古屋店22
総計100

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]