ボーランド、ソフトウェア開発プロセスの効率化を支援する2製品を発表

柴田克己(編集部) 2006年07月14日 18時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーランドは7月12日、ソフトウェア開発プロセスの効率化を支援する新製品、「Borland Tempo日本語版」および「Borand Caliber DefineIT 2006日本版」を発表。合わせて、今後の事業戦略と日本でのビジネス展開についての説明会を行った。

Tod Nielsen image Borland Software Corporation社長兼CEOのTod Nielsen氏。

 来日した、Borland Software Corporation社長兼CEOのTod Nielsen氏は、「ソフトウェア全体のデリバリライフサイクルとアプリケーションライフサイクル管理(ALM)にフォーカスし、ソフトウェアデリバリをより管理され予見可能なビジネスプロセスに変革していくことがミッション」と述べ、2006年2月に発表した戦略およびIDE事業の売却について改めて説明。ボーランドとして、日本でのサービスを今後も強化していくことと合わせて、IDE事業を引き継ぐ別会社の詳細については、今期の終わりまでに明らかになるだろうとの見通しを示した。

 同社では、ALMにおいて重要なソフトウェア開発プロセス分野として「IT管理とガバナンス」「要件定義と管理」「変更管理」「ライフサイクル品質管理」の4つを挙げており、今回発表された2製品は、そのうちの2つの分野をカバーするものだという。

 Borland Tempo日本語版では、これらの中で「IT管理とガバナンス」をサポートする。ITプロジェクト全体を容易に可視化した上で、企業がITプロジェクトに関する決定を正しく実行し、評価基準の設定や測定、分析を行うための基盤を提供する。開発拠点の分散化や開発サイクルの短縮化に伴って複雑さを増している開発プロジェクトの全体を把握し、発生する変更に柔軟に対応できるものだという。

 主な機能は、開発プロジェクトに関連したデマンド管理、ポートフォリオ管理、プロジェクト管理、リソース管理、財務管理、資産管理となっており、Microsoft ProjectおよびExcelデータのインポートも可能だ。

Borland Tempo image 開発プロジェクトについての広範な管理機能を提供する「Borland Tempo」。

 一方の、Borland Caliber DefineIT 2006は「要件定義と管理」のサポートを行う製品だ。開発プロジェクトにおける、要件抽出、分析、仕様化、検証、要件管理のプロセスに注目し、不十分な要件定義による作業の手戻りやプロジェクトの遅延、予算オーバー、機能不足、使い勝手の悪さといった問題の発生を未然に防ぐためのツールを提供する。

 開発者側は、スクリーンショット、イメージ、ドキュメントなどを使って要件を記述できるようになっており、ユーザー側と開発側の双方が、視覚的に要件を正確に把握しつつ、定義、検証することができるという。

 また、他のALMツールとの連携も可能となっており、定義済みの要件を「Borland CaliberRM」で管理できるほか、「Borland Together」で利用できるUML 2.0対応のユースケース図、アクティビティ図の生成、「Mercury Quality Center」のテストケースの生成なども可能だ。

Borland Caliber DefineIT 2006 image 開発者とユーザーが要件定義のプロセスをスムーズかつ正確に進めることを助ける「Borland Caliber DefineIT 2006」。

 Borland Tempo日本語版は、7月12日に販売が開始されており、2006年第4四半期の出荷が予定されている。価格は、1ポートフォリオライセンス(管理者向け)が33万6000円。1ライトライセンス(利用ユーザー向け)が3万3600円。

 Caliber DefineIT 2006は、7月12日に販売と出荷が開始されている。価格は33万6000円(1指名ユーザーライセンス)より。なお、Caliber DefineIT 2006とCaliberRMをセットにした「Borland Caliber Analyst」は、50万4000円(1指名ユーザーライセンス)より。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]