編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

関西電力グループ、勤怠・届出システムに日立システムのリシテアを採用

CNET Japan Staff

2006-07-19 12:11

 関電システムソリューションズと日立システムアンドサービス(日立システム)は7月18日、日立システムの従業員フロントソリューション「リシテア」が、関西電力グループの勤怠・各種届出システムに採用され、2006年4月より機能別に順次本稼動を開始したことを発表した。

 両社は、関西電力グループ内での勤怠・各種届出をシェアードサービス化できるシステムの導入を検討。多数の導入実績があり、グループ会社間での運用実績が豊富なことを評価し、日立システムの「リシテア」を採用した。

 今回の導入を機に両社は、既に締結されている販売パートナー契約に基づき、関西電力グループおよび一般企業への展開に向けて、さらなる連携強化を図っていく予定という。

 なお、今回のシステム導入では、関電オフィスワークがシェアードサービスを取りまとめ、関電システムソリューションズがシステム開発・維持運営を行う。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]