編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

マイクロソフトなど、不具合解析をサポートするツール「ToolkitVersion 8.1」を発表--8月8日から提供

CNET Japan Staff

2006-07-20 17:19

 マイクロソフトは7月19日、ミッションクリティカルシステムにおける障害発生時の不具合解析をサポートするツール「Microsoft Support Professionals Toolkit for Windows」におけるパートナー各社との共同開発プロジェクト第8期目を完了し、その成果物であるVersion 8.1(Toolkit Version 8.1)を8月8日より順次提供することを発表した。

 Toolkit Version 8.1は、マイクロソフトとNTTデータ、東芝、日本ユニシス、日立製作所、および富士通の6社が共同開発して提供するツール。x86、x64、Itaniumプロセッサに加え、デュアルコアItanium2プロセッサにも対応する。

 今回のバージョンでは、ユーザーモードで動作するアプリケーションのトラブルシューティングを行う「User Mode Process Dumper(userdump)」およびデスクトップヒープの残量を確認する「Desktop Heap Monitor(dheapmon)」をItanium2などへの対応を強化。64ビット OSへの対応を充実させている。また、32ビット、64ビットカーネルダンプファイルを解析する「KernelMemory Space Analyzer(kanalyze)」のVersion 8.1も公開される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

  3. 開発

    初心者でもわかる「コンテナとは?」から語るセミナー、ピュア・ストレージが最大の買収で得たものとは

  4. 運用管理

    リモートワイプ以外も充実、最新MDMのデバイス管理機能 担当者が知っておくべき3つの新常識

  5. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]