編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

日立、カラーページプリンタに新モデルを販売開始--メインフレームからの利用が可能

CNET Japan Staff

2006-07-23 00:33

 日立製作所は7月21日、カラーページプリンタ「Prinfina COLOR CX」シリーズに、オフィス用途および基幹システムからのカラー印刷に対応する「Prinfina COLOR CX4500」をラインアップに追加したことを発表した。7月25日より販売活動を開始する。

 新モデルは、A3サイズの用紙に対応し、毎分28枚のカラー印刷、毎分32枚のモノクロ印刷が可能なカラーページプリンタ。最大120万ページの高耐久性を実現するという。基幹システムからの印刷においては、日立のミドルウェア「PRINT DATA EXCHANGE」と連携することで、メインフレームからのカラー帳票印刷が可能になる。そのほか、SAP R/3やCitrix Presentation Serverなどとのシステム連携がすでに確認されている。

 希望小売価格は31万2900円。出荷は7月28日から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]