編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「医療IT」

CTCとシマンテック、「Symantec Enterprise Security Manager」提供で協業

ニューズフロント

2006-07-26 16:13

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)とシマンテックは7月26日、協業関係を強化し、セキュリティ製品分野でも協力すると発表した。第1弾の活動として、シマンテックのセキュリティポリシー管理ソフト「Symantec Enterprise Security Manager」を利用するシステムやサービスの推進プロジェクトチームを発足させた。

 CTCとシマンテックは、これまでストレージ/データ管理分野で協業してきた。セキュリティ分野においても協業関係を構築することで、両社は「より包括的かつシームレスなソリューションの提供が可能となる」としている。

 Symantec Enterprise Security Managerは、ネットワーク接続されたPCなどを検査し、セキュリティポリシー違反や修正パッチ未適用の有無を検出するソフト。全世界で約3000社への導入実績があるという。

 協業を通じ、両社は、同ソフトに対応したコンサルティング、システム構築、保守サポートなどのサービスを提供していく。さらに、営業活動やセミナー開催なども共同実施する。CTCでは、2008年度までに100社への導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]