編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

トリップワイヤ、変更管理ツールの低価格版「Tripwire Manager Lite 4.6 日本語版」を出荷

CNET Japan Staff

2006-07-27 14:53

 トリップワイヤ・ジャパンは7月26日、変更コントロールソフトウェア「Tripwire for Servers」の管理コンソール「Tripwire Manager Lite 4.6 日本語版」の出荷を同日から開始すると発表した。同製品は「Tripwire Manager 4.6 日本語版」の低価格版となる。

 Tripwire Manager Lite 4.6 日本語版は、Tripwire Manager 4.6 日本語版と全く同じ機能を搭載する。管理できるTripwire for Serversのライセンス数を2台までに限定することで、価格を抑えた。3台以上のTripwire for Serversを管理する場合は上位製品への有償アップグレードも可能だ。

 初年度サポートとメンテナンス料金を含む標準価格は税込62万7900円。Tripwire Managerへのアップグレード費用は131万4600円。

 変更コントロールソフトとは、情報システムにおけるアプリケーションやファイルの追加・変更をコントロールするためのもの。変更を検知し、履歴を記録する。検知された変更が予定されていたものかどうかを評価し、変更の正当性を確認する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]