中堅企業の投資を保護し価値向上と将来への進化を約束--日本オラクルの「JD Edwards」戦略

山下竜大(編集部) 2006年07月27日 23時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは7月27日、中堅企業向け統合業務アプリケーションの最新版「JD Edwards EnterpriseOne 8.12」の製品戦略について紹介するプレス向けの説明会を開催した。JD Edwards EnterpriseOne 8.12は、2006年7月24日より提供が開始されている。

 JD Edwards EnterpriseOne 8.12は、Oracleのミドルウェア製品群である「Oracle Fusion Middleware」に対応することで、SOA(サービス指向アーキテクチャ)をベースに業務アプリケーションを構築できることが最大の特長。柔軟性と拡張性に優れた業務アプリケーション環境を実現できる。

 最新版ではまた、財務会計を中心とした購買、生産、在庫、販売管理の従来アプリケーションに加え、営業支援およびサービス管理アプリケーションが追加されている。さらに、「JD Edwards EnterpriseOne Rapid Start」を提供することで、JD Edwards EnterpriseOne 8.12を短期間かつ定額制により導入することが可能になる。

 OracleのJD Edwards EnterpriseOne 製品戦略担当バイスプレジデント、Lyle Ekdahl氏は、「JD Edwardsの戦略をひと言でいえば、顧客のIT投資を“保護(Protect)”し、アプリケーションの価値を“拡張(Extend)”し、将来に向けシステムを“進化(Evolve)”させることだ」と話す。

 この、保護(Protect)、拡張(Extend)、進化(Evolve)という3つのキーワードは、2005年9月にサンフランシスコで開催された同社のユーザーカンファレンス「Oracle OpenWorld San Francisco 2005」で発表されたもの。「投資を保護し、価値を拡張し、将来に進化させていくためには、SOAやWebサービスが重要な鍵になる。Oracle Fusion Applicationsが目指すのはまさにこの世界だ」とEkdahl氏は言う。

 「特に“将来”という言葉が重要だ。この言葉は、OracleがJD Edwards製品群を将来的にもサポートし続けるということをコミットしたものだ」とEkdahl氏。日本オラクルでは、Oracleのアプリケーション製品に対する顧客の投資を保護することを目的に、サポート契約を無期限に更新できる「ライフタイム・サポート・ポリシー」を、2005年10月に発表している。

 日本オラクルが、JD Edwards製品の最大の市場としているのが、年商100億円〜1000億円の中堅企業だ。中でも、「製造業/流通業において強みを発揮することができる」とEkdahl氏。製造業/流通業は、JD Edwardsのビジネスの50%を占めており、次いで建築、商業、政府などのプロジェクト型産業が22%、鉱業、紙/パルプ、石油化学などの装置産業が17%となっている。

 この中堅企業向けビジネスにおいて成功するためには、短期間に低コストでシステムを導入できる仕組みが必要になる。そこで日本オラクルが提供するのが、JD Edwards EnterpriseOne Rapid Startだ。

オラクルのエクドール氏 「JD Edwardsの戦略は、顧客のIT投資を“保護”し、アプリケーションの価値を“拡張”し、将来に向けシステムを“進化”させること」とOracleのLyle Ekdahl氏。

 JD Edwards EnterpriseOne Rapid Startは、これまで同社が培ってきたJD Edwardsの導入実績やノウハウ、経験などを体系化したもの。テンプレートベースのシステム導入により短期間で完全に統合されたソリューションを実現できる。業種ごとの特別なビジネスニーズにも対応できる柔軟性も兼ね備えており、「中堅企業へのJD Edwardsの導入を加速することができる」(Ekdahl氏)という。

 そのほか、財務会計システムにおけるコンプライアンス(内部統制)への対応を強化。より効果的なコンプライアンス対応ソリューションを容易に構築できるという。たとえば、データベースの重要なデータを変更した場合に、変更されたデータの属性を記録し、変更されたデータの追跡が可能なツール「Data Change Tracker」をはじめ、内部統制向けのさまざまな機能を提供している。

 Ekdahl氏は、「効果的なコンプライアンスを実現するためには、ソフトウェアの提供だけでは不十分。業務プロセスを自動化し、一貫した業務文書の管理が可能な仕組みを実現することはもちろん、継続的な規制と監視が可能な体制を確立することが重要になる」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]