編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「低リスク、短期間、低コストでPowerBuilderアプリをウェブアプリに」--アピオンCEO

山下竜大(編集部)

2006-08-02 01:22

 2000年に設立されたAppeon Corporationは、Sybaseの4GL開発ツールである「PowerBuilder」で開発されたクライアント/サーバ(C/S)アプリケーションをウェブアプリケーションに移行するマイグレーションツール「Appeon for PowerBuilder」および関連するプロフェッショナルサービスを提供するソフトウェアベンダー。PowerBuilder関連ビジネスが中心の同社は、2002年にはSybaseとの提携も発表している。

 現在、PowerBuilder、Java、.Netに対応可能な200名以上のエンジニアを有するAppeonでは、2001年には研究開発(R&D)センターを中国の深センに設立。現在では、カリフォルニア州エメリーベル、北京、香港にもオフィスを開設し、より一層のビジネス拡大を目指している。そこで、Appeon社長兼CEO(最高経営責任者)であるRaymond Chiu氏に、同社の現状と今後の戦略について話を聞いた。

--Appeonのビジネスの現状について聞かせてください。

 我々は、PowerBuilderで開発されたC/Sアプリケーションをウェブアプリケーションにマイグレーションすることを主なビジネスとしています。PowerBuilderのライブラリやDataWindowオブジェクトを有効に活用しながら既存アプリケーションをウェブアプリケーションに効率的にマイグレーションするのです。

 PowerBuilderはC/Sアプリケーション開発環境としては非常に優れた4GL開発ツールですが、ウェブアプリケーション開発には不向きでした。Appeon for PowerBuilderにより、PowerBuilderで開発したユーザーインターフェースやソースコードをJ2EEに自動変換するすることが可能になります。

--Appeonのビジネスがなぜ注目されているのでしょう。

 企業の経営者は、リスクやコスト、多くの時間が必要なことなどの理由から、既存のアプリケーションをJavaや.Netで一から作り直すことには否定的です。また、Javaや.Netによる開発のためには、Javaや.Netの教育を受けることも必要であり、これにも時間とコストが必要です。

 Appeon for PowerBuilderを使うことで、低リスク、短期間、低コストでPowerBuilderアプリケーションをウェブアプリケーションにマイグレーションできる仕組みを提供できます。こうした機能が、PowerBuilderユーザーを中心に受け入れられているのでしょう。

 このような取り組みにより、一昨年5倍、昨年3倍とビジネスを拡大することができました。今後もAppeon for PowerBuilderのメリットを訴求していくことで、ビジネスをさらに拡大していきたいと思っています。

アピオンのChiu氏 「日本法人の設立も考えてはいるが時期尚早。しばらくはSybaseの日本法人と協力して日本市場でのビジネスを確立したい」と話すAppeonのCEO、Raymond Chiu氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]