編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

グループウェアの端末に複合機を活用--ネオジャパンとリコーが協業強化 - (page 2)

田中好伸(編集部)

2008-05-09 21:14

 そうした状況を背景にネオジャパンでは、「グループウェアは関連製品と連携していくことでコミュニケーションウェアへ成長するに至り、単なる“ツール”から“情報基幹インフラ”として企業活動の情報基盤として発展している」(ネオジャパン取締役経営企画室室長の狩野英樹氏)と認識。また利用するプラットフォームも「高度化し、パソコンや携帯電話のほかさまざまな端末から、その特徴を活かして利用できるようになっており、情報の活用方法が変化している」(同氏)と説明する。

 こうした認識を背景に、両社では(1)中堅・中小企業を対象に、顧客ニーズにあった総合ソリューションを展開、(2)ツールとしてのグループウェアから企業の情報基盤としてのグループウェアに注目、市場に合わせて製品を進化させる、(3)グループウェアの拡販に連動して、プラットフォームとしての複合機(Multifunction Printer:MFP)の価値を高め、企業活動IT基盤の進化をリードしていく――という3つのポイントの戦略を添加していくと説明する。

 まず、リコーではグループウェア市場攻略の体制を強化、従業員規模100人の中小企業層については「desknet's」を中心としたグループウェアの拡販を展開する。またリコーは、SaaS(Software as a Service)ビジネスを本格的に展開するにあたり、ネオジャパンと包括的な提携を結び、ネオジャパンのSaaS型サービス「Applitus」の販売を行うほかに、共同企画などで両社でSaaSビジネスを推進していくとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]