AMD、Opteronの最新版を発表

藤本京子(編集部) 2006年08月15日 13時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Advanced Micro Devices(AMD)は8月15日、かねてから今夏にリリース予定とされていたサーバ用プロセッサ「AMD Opteron」の最新版を発表した。メモリがDDR2対応となったほか、仮想化技術「AMD Virtualization」(AMD-V)により、ハードウェアレベルで仮想化をサポートしている。

 これまでのOpteronでは、メモリにDDR1を採用していた。AMDでは、DDR2メモリの価格が安価となってきたことや、DDR2が他のメモリより消費電力が少ないことなどから、新プロセッサでDDR2を採用することとなった。AMDによると、DDR2の消費電力は、DDR1より30%少なく、FBDIMM(Fully Buffered DIMM)より58%少ないという。なお、Opteronの競合製品とされているインテルのXeonは、FBDIMMを採用している。

 AMD-Vは、ソフトウェアの仮想化機能をハードウェアレベルでも一部支援するものだ。通常、OSとCPUの関係は1対1となっているため、OSは直接CPUにアクセスするが、仮想化環境では複数のOSが存在し、それぞれのOSがCPUにアクセスしようとする。そこで仮想化ソフトウェアは、命令をCPUに直接送るのではなく、仮想化ソフトを介すよう、ゲストOSに改変を加える。それが、CPUに仮想化機能を持たせると、CPU自身がゲストOSからの命令を認識できるため、ゲストOSへの改変は必要ない。そのためOSの信頼性や保守性が高くなり、仮想化処理のパフォーマンスも向上する。

 インテルのCPUにも「インテル バーチャライゼーション・テクノロジ」(VT)が採用されているが、AMDでは「インテルのVTはメモリコントローラハブが仮想化に対応していないため、ソフトウェアによるメモリ管理の負担が増大する。これがパフォーマンス面でのボトルネックになる。一方、AMDのダイレクトコネクトアーキテクチャでは、I/Oアクセスとメモリアクセスを分割しているため、ゲストアプリケーションの性能を低下させるボトルネックがない」としている。

 新しく発表されたOpteronは、4桁のモデルナンバーを利用しており、1000シリーズが1Pのみ、2000シリーズが2Pまで、8000シリーズが8Pまで拡張可能となる。数字の後のHEはローパワーモデル、SEはパフォーマンス向上に主眼を置いたハイパワーモデルとなる。スペックは以下の通りだ。

Opteron
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化