編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日本ユニシス、E-RAからダブルオークション方式のネット市場システム開発を受託

ニューズフロント

2006-08-21 16:00

 日本ユニシスは8月21日、E-RAから一般商品向けネットオークション市場システムの開発業務を受託したと発表した。

 これまでのネットオークション市場は、オークション方式またはリバースオークション方式で運営されており、買い手と売り手のどちらか一方しか価格を提示できなかった。それに対し、E-RAのネットオークション市場は、日本ユニシスの電子取引システム「TRADEBASE21」をベースとし、証券取引所と同じ注文付き合わせ方式を採用する。これにより、売り手と買い手が相互に価格を提示し、条件の合う相手と取引を行うダブルオークション方式が利用可能となる。

 E-RAは、このネットオークション市場を10月2日に開設する。取扱商品は新品に限る。売り手は法人のみ、買い手は法人および個人とする。E-RAは、売り手と買い手の審査を行うが、決済および商品の受け渡しは当事者に任せる。

 市場の開設当初は、主にPC関連商品を取り扱う。2006年中に取扱商品を3万点まで増やし、開設1年後に年間200億円の取引額を見込む。2年後には、取扱商品数10万点、年間取引額500億円を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]