Actuate User Conference開幕:顧客に成功をもたらすBIツールの長期的な革新を約束

山下竜大(編集部) 2006年08月22日 17時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Actuateは8月21日〜23日の3日間、マサチューセッツ州ボストンのホテルにおいて同社のユーザーカンファレンス「2006 Actuate International User Conference」を開催。米国をはじめ、日本、カナダ、英国、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、イスラエル、韓国などから約300名が来場した。

 2006年6月に、同社のフラグシップ製品の最新版「Actuate 9」を発表したばかりのActuateは2006年上半期の売り上げが6150万ドルで、成長率は約30%で推移している。この好調な業績を支えているのが「ソリューションとオープンソースにフォーカスする」という同社の戦略だ。

ボストン・パーク・プラザ・ホテル 「2006 Actuate International User Conference」が開催されているBOSTON Park Plaza Hotel & Tower。

 Actuateの社長兼最高経営責任者(CEO)であるPete Cittadini氏は、「ソリューション戦略では、3500以上の顧客を対象にリアルタイムのパフォーマンスマネージメントアプリケーションやカスタマーインタラクションアプリケーションを提供する。そのベースとなるのがオープンソース戦略で、260万人以上いると言われるEclipse開発者にActuateの有効性を訴求していく」と話す。

 具体的には、オープンソースの統合開発環境であるEclipseをベースにしたレポート開発環境「BIRT(バート)」(Business Intelligence and Reporting Tools)のオープンソースプロジェクトを指している。BIRTは2006年第2四半期だけで、約11万5000件がダウンロードされたという。

 Actuateの戦略が優れているのは、オープンソースとして無償で提供されるBIRTによるレポーティング機能が気に入った場合、BIRTを搭載し、レポーティングサーバである「Actuate 9 iServer」やポートレットの業界標準であるJSR168をサポートしたポータル環境を実現する「iPortal」、Ajaxの実装によるアドホックなウェブレポーティングを実現する「BusinessReports」、エンドユーザー向けのレポートカスタマイズ環境である「Interactive Viewing」などで構成される商用のエンタープライズ向けレポーティングプラットフォーム製品「Actuate 9」に容易に移行することが可能なことだ。

 Actuate 9ではiServer上で開発者向けのBIRT、パワーユーザー向けのBusinessReport、カジュアルユーザー向けのInteractive Viewingをそれぞれ使い分けることで、あらゆるユーザーのレポーティングへの要求に応えられる仕組みを提供することが可能。同社では、このテクノロジを、「コラボレイティブ・レポーティング・アーキテクチャ」と呼んでいる。

 「Actuate 9により、BIRTによるごく小規模なBIソリューションから、iPortalやBusinessReportsを活用したワークグループレベル、そしてパフォーマンスマネージメントソリューションであるPerformancesoftなどを利用することで、大規模エンタープライズクラスのBIソリューションまで、ひとつのプラットフォームで実現することができる」(Cittadini氏)

 Performancesoftは、Actuateが2006年1月に買収したPerformancesoftのテクノロジをActuateの製品として統合したパフォーマンスマネージメントスイート製品。ダッシュボードやスコアカードなどにより、組織のパフォーマンスを可視化する「Performancesoft Views」および部門のサイロ化や組織のアクティビティを監視する「Performancesoft Track」の2つのコンポーネントで構成されている。同製品は、すでに500社以上の顧客で採用されているという。

 「パフォーマンスマネージメントは、ビジネスプロセスやビジネスのパフォーマンスを管理し、コントロールすることで、企業戦略のアクティビティを向上させることができる点が評価されている、今後さらに成長が期待できるソリューションだ」とCittadini氏は言う。IT専門調査であるIDCの調査では、パフォーマンスマネージメント市場は2008年に21億ドル市場に拡大すると報告されている。

 Cittadini氏は、「我々は今後も、組み込み型のレポーティング製品やワークグループ向けのレポーティング製品、エンタープライズレポーティング製品、パフォーマンスマネージメント製品など、さまざまな分野での革新を続けていく。このような取り組みにより、長期にわたり顧客企業のニーズに応え、成功をもたらすソリューションを提供し続けることを約束する」と話している。

アクチュエイトのCEO 「Actuate 9は、あらゆるユーザーのレポーティングへの要求に応えられる仕組みを、ひとつのプラットフォームで実現できる」と話すActuateのCEO、Pete Cittadini氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化