編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

JA大阪電算のIPセントレックスシステムが稼働--沖電気のSS9100を利用

CNET Japan Staff

2006-09-01 17:14

 沖電気工業は8月31日、大阪府農協電算センター(JA大阪電算)よりVoIPネットワークシステムを受注し、納入したことを発表した。2005年8月より稼動を開始している。

 今回導入されたのは、「IP CONVERGENCE SERVER SS9100」を中心とするIPセントレックスシステム。SS9100サーバをシステムの中核としてJA大阪電算に設置し、各単位農協の既設PBXやボタン電話装置と同社製VoIPゲートウェイ「BV1270」シリーズ、「BV100」シリーズなどで接続した。

 これにより、自営の高速広域IP網を使ったフルIPベースの内線相互通話サービスを実現。JAグループ大阪内がフルIP化されたことで、JA大阪電算は、単位農協にIP電話1台からのサービス提供が可能になった。また、今回の導入に際し、一部の部署は複合型IP電話端末「Com@WILL」ソフトフォンを導入した。

 JA大阪電算では、この自立型IPセントレックスを使ったさまざまなサービスをJAグループ大阪全体に順次拡大展開し、通信業務の効率化とコスト削減を推進していく計画という。

 2005年8月より稼動を開始している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]