ジュニパー、ファイアウォールとIPSec/VPN向けOSの機能を強化

CNET Japan Staff

2006-09-03 18:32

 ジュニパーネットワークスは9月1日、同社のファイアウォールおよびIPSec/VPNアプライアンス向けオペレーティング・システムの新バージョンである「ScreenOS 5.4」を発表した。

 ScreenOS 5.4は、従来の「ScreenOS」のセキュリティ機能をさらに拡張したほか、キャプティブ・リダイレクト、ポリシーベースによるルーティングなどの機能も備える。統合型脅威管理(UTM)ソリューションとして、セキュリティへの脅威対策を強化しているという。

 ジュニパーネットワークスと保守契約を締結されているユーザー企業は、同社ウェブサイトから無償でダウンロードできる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]