編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日立電線とアルバ社、無線IP電話機と無線LANアクセスの接続性向上を目指す

WebBCN (BCN)

2006-09-07 10:00

 日立電線と米アルバワイヤレスネットワークス(カリフォルニア州)は9月5日、無線IP電話事業の協業で合意したと発表した。2社は日立無線のワイヤレスIP電話機「WirelessIP5000」と、アルバ社の無線LANアクセスポイント「アルバAP」、複数のアクセスポイントを集中管理できる「モビリティ・コントローラー」の相互接続の向上を図る。

 相互の機器間の接続性を高めることで、顧客がワイヤレスIP電話システムを導入しやすい環境を整備する。国内だけでなく欧米やアジアでも協業ソリューションを展開。無線LANを利用したIP電話「VoWLAN」市場を牽引する。

 「WirelessIP5000」は、複数企業のSIPサーバーや無線LANアクセスポイントなどと接続可能なオープンスタイルのワイヤレスIP電話機。日立電線では、これまでの端末販売では無線LANアクセスポイントについて特定の機器を推奨せず、同機を導入するユーザーやインテグレーターに選定を一任してきた。

 しかし、無線IP電話の通話品質や機能向上には、無線LANアクセスポイントとの連携が重要であると判断。今回、無線LANシステムベンダーとして豊富な実績をもつアルバ社と、相互の機器間の接続性向上に向けた協業を行うことにした。今後、2社は展示会での機器展示やマーケティング活動でも協力していく方針。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]