編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日本IBMなど、自律技術で旅行予約システムの問題判別を効率化

ニューズフロント

2006-09-08 17:29

 日本IBM、アールアンドシーツアーズ(R&Cツアーズ)、三和コムテックの3社は9月8日、R&Cツアーズの旅行予約システムに日本IBMの自律コンピューティング技術を適用し、システム障害発生時の問題判別などを効率化すると発表した。

 R&Cツアーズでは、同社の基幹業務である旅行予約システムを構築する際に、三和コムテックの「eLECTRAN」を採用した。eLECTRANは、国内初の「IBM自己管理型オートノミック・テクノロジー・マーク・プログラム」認定製品であり、日本IBMの自律コンピューティング技術によってITシステム障害の問題判別を効率化できるという。

 同旅行予約システムでは、ハードやソフトが出力するさまざまな形式のログを標準形式Common Base Event(CBE)に変換するため、統一的、定型的な手順での問題判別が可能になる。R&Cツアーズは、「問題解決時間が最大20%短縮できる」と見込んでいる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]