Enterprise OSS 2006基調講演:ソフトウェア産業の終焉--オープンソースへの変革を

萩原弘明 2006年09月11日 21時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロプライエタリシステムの現状

 9月8日、オープンソースソフトウェア(OSS)の普及をめざすユーザー向けのカンファレンス「Enterprise OSS 2006」が青山ダイヤモンドホール(東京都港区)で開催された。同カンファレンスの基調講演には、Open Source Initiative(OSI)会長でRed HatのバイスプレジデントであるMichael Tiemann氏が来日し、熱弁をふるった。

 Cygnus Solutionsの共同創立者であり、GNU C++コンパイラの開発者でもある同氏は、まずソフトウェア産業の歴史を振りかえり、1961〜1965年のIBM OS360開発計画をその嚆矢として、そして最初の失敗例として挙げた。

 この開発計画に参加したFred Brooks氏の著作である「Mythical Man Month」より、「ソフトウェアはビジネスロジックを追っていない」との一節を引用し、「ソフトウェア産業は米国の牽引車ではあるが、ソフトウェアというものは努力すればするほど拒絶反応を示してしまう。プロプライエタリなシステムではもはやビジネスをサポートすることはできない」と強調する。

 さらに今日、ハードウェア/ソフトウェアに年間約5000億ドルの投資がなされているが「これらのプロジェクトの18%は稼働前にキャンセルされ、50%は納品の遅れ、機能の欠落か深刻なバグに見舞われている」とした上で「年間1800〜2800億ドルもの損失を招いている」と指摘、「もはやソフトウェア産業は終わりだ」と宣言した。

OSSの利点とは

 それでは、その先には何があるのか?

 Tiemann氏によれば言うまでもなくOSSということになる。ではプロプライエタリシステムとOSSとの相違はどこにあるのだろうか。同氏は、2件の事例から解説した。

 まず1件目は、ウェブの産みの親ともいうべきTim Berners-Lee氏だ。Berners-Lee氏は1989年にウェブを開発したが、実はそれまでも情報共有の努力はさまざまになされていたという。過去の努力が実らなかったのは結局、開発者がそれをコントロールしたがったからだった。

 「もしテクノロジーがプロプライエタリで私のコントロール下にあったら、たぶんテイクオフできなかったろう。ウェブをオープンシステムにするという決断が、ユニバーサルなものにするために必要だったのだ」とBerners-Lee氏は語っている。

 もう1件は、GEを覆っていた官僚主義を排し、同社を資産4100億ドルまで成長させたJack Welch氏の例だ。それまでGEは、社内で設計/開発していた製品をプロトタイプとして顧客に提案していた。これは顧客からのフィードバックを受けて設計/開発を続けるという一般的なライフサイクルだった。ところが彼は設計/開発から下流の工程を顧客側に開放してしまったのである。GEはメーカーとしての枠を超え、いわばサービス業に転進したといってよい。

 「もし設計/開発をGEのなかに留めたままだったら、製品はGEの限界を超えられない。どんな顧客でも優れたデザイナーたりうることを示しているのです」とTiemann氏は総括する。

 この2つの例が示すように「開発者ではなく顧客、つまりユーザー自身が自分のシステムを開発し、コントロールできること」がOSSの最大の特長であるというのである。

OSS 2006基調講演 Open Source Initiative(OSI)会長でRed HatのバイスプレジデントであるMichael Tiemann氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化