編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

サークルKサンクス、情報系システムをPRIMEQUESTで再構築--オンメモリデータベースを採用

CNET Japan Staff

2006-09-12 09:41

 富士通は9月11日、サークルKサンクスが同社の基幹IAサーバ「PRIMEQUEST」で情報系システムを再構築したと発表した。

 今回再構築したのは、売上データを検索・分析し、商品企画業務や店舗指導業務を支援するデータウェアハウスシステム。64ビットプロセッサを搭載するPRIMEQUESTと富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)のオンメモリデータベース「Oh-Pa 1/3(オーパ・ワンサード)」の組み合わせで、データ処理を高速化する。

 サークルKサンクスでは、全国の店舗で日々発生する1000万件以上の売上データを収集し、販売動向の分析や、商品の企画、店舗への指導に活用している。再構築は、データ処理の高速化が目的だ。

 具体的なシステム構成は、ブレードサーバ「PRIMERGY BX620 S2」上に構築したウェブアプリケーションサーバ、データベース処理と大量のバッチ処理を実行するフロント・データベースサーバ、全国の店舗で日々発生する売上データを蓄積するセントラル・データウェアハウスサーバの3階層構造となる。

 PRIMEQUESTはフロント・データベースサーバ、セントラル・データウェアハウスサーバに1台ずつ利用される。情報検索のスピードは、従来の数分から30秒以内に短縮される見込みという。

 新システムは2006年9月末に全面稼働する予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]